愛知県の菜の花畑名所3選!まつりや人気の桜とのコラボ時期も紹介

aichi-nanohana

1~3月は各地できらきらと光るように黄色と緑のきれいな菜の花が咲き誇る時期ですね。

愛知県でも一面が菜の花に囲まれるような名所がいくつかあり、見頃時期に合わせてまつりも開催されるため、デートや家族連れなどで多くの方が訪れますね。

 

そんな愛知県内の菜の花畑の中でも、特に人気のおすすめスポットを3ヶ所に厳選して紹介していきます。

時期が合えばピンクの桜とのコラボも見られるので、その見頃時期についても紹介していきます。

愛知県の菜の花畑名所スポット3選

伊良湖菜の花ガーデン

irako-nanohana-garden愛知県田原市の渥美半島では、各地でたくさんの菜の花畑を見ることができますが、その中でも有名なのが「伊良湖菜の花ガーデン」。

 

菜の花の見頃時期である2019年1月12日(土)~3月31日(日)にかけて開催されている渥美半島「菜の花まつり」のメイン会場ともなっており、黄色いじゅうたんを敷きつめたようなきれいな景色を見ることができます。

渥美半島全域や伊良湖菜の花ガーデンともに見頃時期は1月中旬~3月下旬とされており、一面に広がる春の世界を体感することができます。

irako-nanohana-gardenまつり開催期間中は伊良湖菜の花ガーデン内いっぱいに広がる菜の花畑の中を歩いたり、ソリ滑りが楽しめたり、飲食店の店頭販売も行われるのでグルメを堪能することもできます。

ちなみにグルメの中で人気なのは菜の花を食材にした菜の花コロッケとなっており、土日祝日限定で渥美半島で獲れた大アサリの焼き貝も食べることができます。

irako-nanohana-gardenまた、菜の花ガーデン内では、黄色に光る菜の花とピンクに染まる河津桜を一緒に眺めることができる人気の写真スポットもあります。

 

河津桜は2月中旬から下旬頃にかけて開花を始め、見頃時期は3月上旬前後、3月中旬になると徐々に葉桜となっていきます。

そのため、3月上旬前後が最もきれいな菜の花と河津桜のコラボを眺めて楽しむことができる時期となっています。

伊良湖菜の花ガーデンの詳細はこちら↓

渥美半島・伊良湖菜の花ガーデン2019!見頃やまつりイベントとは!?

2018.12.25

愛知牧場

aichi-nanohana愛知県日進市にある菜の花の迷路など360°見渡す限りの黄色の世界を楽しめる「愛知牧場」

動物に触れたり、季節の花々がたくさん眺められる愛知牧場では、たくさんの菜の花が見られることでも人気な名所となっています。

 

渥美半島の伊良湖菜の花ガーデンよりもやや遅めに満開を迎える愛知牧場の見頃時期は、2月中旬から4月下旬(天候によって変動)となっており、すでに見頃時期を迎えています。

一番人気のスポットは、やはり「菜の花 花畑迷路」となっており、菜の花に囲まれながらずっと続く道を歩きながら春を体感することができます。

 

写真スポットもいくつか作られていますので、デートでも家族連れでも人気のスポットとなっていますね。

菜の花を堪能した後は、どうぶつ広場で遊んだり、バーベキューを楽しんだり、愛知牧場の名物・ジェラートを味わったりするのもいいですね。

 

ちなみに愛知牧場の桜の開花時期は例年3月下旬頃となっており、見頃時期は3月末から4月上旬あたりとなっており、菜の花とのコラボが楽しめます。

観光農園花ひろば

aichi-nanohana南知多にある様々な花を眺めたり、いちご狩りなど楽しめる「観光農園花ひろば」。

 

そんな多くの花々たちが見られる観光農園花ひろばでは、きれいな菜の花たちも眺めることができるのはもちろん、菜の花摘みも体験することができます。

花摘み体験なんて中々経験できないので、子どもから大人までかなり人気のイベントとなっていますね。

 

菜の花の開花時期は少し早い12月上旬頃となっており、見頃時期は12月末頃から3月下旬となっています。

寒い時期ですが、菜の花以外にもビオラなど色んな花々を見て楽しむことができるのが観光農園花ひろばの特徴ですね。

 

桜に関しては、河津桜が2月中旬に開花をはじめ、見頃が2月下旬~3月上旬となっていますのでこの時期であればきれいな菜の花とのコラボを楽しむことができますよ。

また、観光農園花ひろばでは、まさかの1月なのにずらっとひまわりが咲いています(2019年1月に見ました!)。

菜の花だけでなく、ひまわりも合わせて眺めてきてはいかがでしょうか。

※本記事は2019年2月現在の情報に基づきます。