東山動植物園の梅まつり2019!見頃や開花状況、イベント、混雑状況とは!?

higashiyamazoo-ume

名古屋市千種区にある多くの花や木と合わせて紅白の梅林を眺めることができる「東山動植物園」。

植物園内の「梅の丘」や「梅の谷」を中心に20種類・約200本もの鮮やかな梅の木をあちらこちらで楽しむことができますね。

 

開花・見頃時期を迎える2019年2月23日(土)~3月3日(日)にかけて梅に関する催しも開催されるなど多くの方が訪れる人気の梅スポットとなっています。

本記事では、東山動植物園の梅の開花状況やイベント情報、混雑状況などについて紹介していきます。

東山動植物園の梅林の場所とは!?

higashiyamazoo-ume東山動植物園内で約200本の梅の木を見ることができ、植物園内の梅林「梅の丘」「梅の谷」で多くの梅を見ることができます。

「梅の丘」は植物園内の東側の野原ビオトープ横に位置し、「鹿児島紅」や「寒紅梅」、「冬至」、「森の関」など紅白の濃淡豊かな梅を眺めることができます。

 

「梅の谷」は植物園内の桜の回廊を歩いて行くと到着し、「思いのまま」など白くかわいらしい梅を見て楽しめます。

日光のあたり具合のためか、例年「梅の谷」の方が開花が早いですね。

 

また、少しではありますが動物園内のボート池の南側にも紅白の梅を見ることができますので、動物園をメインで楽しみたい方は雰囲気だけ味わうこともできます。

東山動植物園の梅の見頃や開花状況

higashiyamazoo-ume東山動植物園の梅の開花は例年2月上~中旬頃、見頃時期は2月下旬~3月中旬頃となっています。

今年もすでに2月中~下旬には開花から見頃を迎えており、3月上旬頃には一番の見頃を迎えそうです。

 

東山動植物園は梅の種類が20種類とかなり豊富なので、種類によって咲くタイミングが異なるため、種類によっては3月下旬頃でも梅を眺めることができますよ。

東山動植物園の梅まつりイベントとは!?

梅が見頃を迎える2019年2月23(土)~3月3日(日)にかけて梅に関する催しが開催されます。

開催期間中は、梅の掛け軸展や生け花の展示などが行われ、14:00からは合掌造りの家にて生け花解説も開催されます。

 

また、2月23~24日には春の木々の紹介を聞きながら梅林を歩いてまわるガイドツアー(40分)も開催されることとなっています。

ガイドツアーに関しては、11:00からと13:00からの1日2回開催され、時間に合わせて植物園内にある合掌造りの家に集合すれば事前に予約していなくても自由に参加することができます。

梅林の混雑状況

higashiyamazoo-ume東山動植物園は時期を問わず人気の観光スポットなので土日には混雑しやすく、遅くとも11:00頃までには到着しておかないとスムースに駐車場に車を停められないということはあり得ますね。

ただし、梅の見頃時期を迎える2月下旬~3月上旬はまだ肌寒い時期なのでそこまで人は多くないため、園内が混雑して中々梅が眺められないということはありませんのでご安心を。

 

動物はもちろん、約200本もの梅を見て楽しむことができる東山動植物園に足を運んでみてはいかがでしょうか。

東山動植物園の基本情報

higashiyamazoopark住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
電話番号:052-782-2111
入園時間:9:00~16:50
休園日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
入場料:大人500円、中学生以下無料
駐車場:有料あり(1日800円)

駐車場の混雑状況・お得情報はこちら↓

東山動植物園の駐車場料金や混雑時間は?無料のおすすめ穴場まで紹介

2018.12.04

 

園内でのランチ情報についてはこちら↓

フードコートに食べ歩きにお弁当!充実の東山動植物園ランチ

2017.03.07

 

人気動物ランキングの結果はこちら↓

東山動植物園の人気動物ランキングBEST10が発表!1位は誰!?

2017.05.15

 

名古屋で人気の梅スポットはこちら↓

名古屋で人気な梅の名所5選!まつりや開花・見頃状況2019

2019.02.24

※本記事は2019年2月現在の情報に基づきます。