愛知県で人気のおすすめいちご狩りスポット8選2019!地域別に紹介

12月~5月頃は甘いいちごがお腹いっぱい食べられるいちご狩りシーズンですね。

愛知県内では様々な地域でいちご狩りが楽しめるスポットがあり、その多くが名古屋から車で1時間以内にあり、気軽にいちご狩りが楽しめます。

 

でも、あまりに多くのいちご狩り園があるのでどこに行くか迷いますよね。

今回は、愛知県内で人気のおすすめいちご狩り園を地域別に栽培しているいちごの品種や料金などを含めて8か所厳選して紹介します。

おすすめスポットBEST8

名古屋・尾張エリア

ichigogari-aichi

いちご畑(名古屋市港区)

数少ない名古屋市内でいちご狩りが楽しめる「いちご畑」。

いちご狩りを楽しみたくても名古屋市内から離れている場所にある農園がほとんどですが、「いちご畑」は港区にあるので、アクセス良好です。

 

いちごの品種は2種類あり、甘みの強い章姫と甘みと酸味のバランスがとれた紅ほっぺを30分間食べ比べすることができます。

いちごの食べ比べだけでなく、チョコレートフォンデュ(980円/4~5人前)もあるので、大勢でわいわい楽しむこともできますよ。

 

また、「いちご畑」特製の新鮮ないちごで作ったジェラート(350円)やジャム(500円)を人気となっています。

住所:愛知県名古屋市港区新茶屋4-704
電話番号:052-302-9158
営業期間:12月中旬~6月上旬
営業時間:10:00~15:00
料金:大人1,200~1,700円(時期により変動)

ストロベリーノ下田(日進市)

レストランとのコラボ企画も楽しめる「ストロベリーノ下田」。

日進市ではありますが、名古屋市天白区からわずか100mの場所にあり、地下鉄鶴舞線の平針駅を下車して徒歩十数分で到着できます。

 

いちごの品種は章姫となっており、1,700㎡の敷地に栽培された約12,000株のいちごを12月は40分間、1月以降は30分間食べられます。

いちご本来の甘みを楽しんだ後は、練乳コンデンスミルクが無料でかけ放題なので、味をかえて食べられます。

 

他の農園と違うおすすめのポイントは、農園に併設されたレストラン「サバーヴィアン」とのコラボ企画があることですね。

いちご狩り&自分で摘んだいちごをパフェにで食べられるプラン(2,800円)やいちご狩り&ランチが食べられるプラン(3,600円)などいちご狩りと合わせて楽しめるプランはすぐに予約が埋まるほど人気となっています。

住所:愛知県日進市赤池町下田91
電話番号:052-803-1256
営業期間:12月中旬~
営業時間:10:00~16:00
料金:大人2,000円

コンドウ農園(東郷町)

珍しい品種が食べられる農園「コンドウ農園」。

静岡県「かなみひめ」、三重県「かおりの」、宮城県「もういっこ」、群馬県「やよいひめ」など様々な県を代表する品種を栽培してます。

 

人気の品種は「かなみひめ」で、かなり糖度が高く、コクのある甘みを楽しめるいちごとなっています。

ただし、生育状態によって食べることができない品種もありますのでご注意を。

 

ハウス内には複数のベンチも用意されていますので、ベンチに腰掛けてゆっくりいちごを味わえますよ。

住所:愛知県愛知郡東郷町春木折橋738-3
電話番号:0561-39-1055
営業期間:12月中~5月
営業時間:9:00~16:00
料金:大人1,200~1,800円(時期により変動)

知多エリア

ichigogari-aichi

春香園(東浦町)

のどかな田園の中で甘み豊かないちごが食べられる「春香園」。

園内には、「あきひめ」、「紅ほっぺ」、「おいCベリー」、「ゆめのか」、「とちおとめ」、「かおりの」、「やよいひめ」の7種類もの品種のいちごが栽培されています。

 

どの品種も甘みが高いですが、酸味のバランスが微妙に違うので、色んな味のいちごを味わうことができます。

時期によって生育具合が変わるので、時期に応じて食べられる美味しいいちごの食べ比べしたいですね。

 

ビニールハウス栽培なので、もちろん雨の日でも楽しめます。

東浦知多ICから車で5分とアクセス良好なので、自然を感じながらいちご狩りができますよ。

住所:愛知県知多郡東浦町緒川広狭間24
電話番号:0562-84-8859
営業期間:12月~5月
営業時間:9:00~15:00
料金:大人1,200~1,900円(時期により変動)

いちごの丘(南知多町)

いちご狩りと合わせてケーキも楽しめる「いちごの丘」。

 

いちご狩りの中では中々珍しい、60分間という長い時間いちご狩りが楽しめるのがまずは人気の理由ですね。

大きくて糖度の高い「章姫」をゆっくりと食べることができ、いちご本来の甘さを味わった後には練乳も無料サービスとなっていますので味を変えながら食べることもできます。

 

また、いちご狩りを楽しんだ後には併設されたカフェでケーキも楽しめます。

テイクアウトに人気なのは、新鮮な採れたていちごをふんだんに使った「いちごタルト」や「いちごロール」がありますね。

住所:愛知県知多郡南知多町大字豊丘字旭台4
電話番号:0569-83-1519
営業期間:12月~5月
営業時間:10:00~16:00
料金:大人1,000~1,700円(時期により変動)

三河エリア

ichigogari-aichi

みよしぱくぱくファーム(みよし市)

糖度の高いいちごが食べられる「みよしぱくぱくファーム」。

 

園内では、あきひめ、かおりの、とちおとめを栽培しており、食べ頃の品種を食べることができます。

食べ放題の時間は30分間となっており、練乳が無料でもらえるので練乳で味をかえながら楽しむことができますね。

 

ビニールハウス内なので園内は暖かく、大きく実ったいちごをたくさんいただけますよ。

住所:愛知県みよし市明知町平成283
電話番号:090-3850-7618
営業期間:12月~5月
営業時間:9:00~11:00
料金:大人1,500~(時期により変動)

とよたいちごふぁーむ(豊田市)

ゆっくりいちご狩りが楽しめる「とよたいちごふぁーむ」。

 

いちご狩りは30分程度で行ってる園がほとんどですが、「とよたいちごふぁーむ」では45分間もいちご狩りが楽しめます。

家族連れや女性などゆっくり写真を撮ったり、いちごを見ながら食べたいという方におすすめですね。

 

甘み豊かな「あきひめ」をベンチに座って食べられますよ。

住所:愛知県豊田市舞木町高塚1061-28
電話番号:050-5212-0907
営業期間:12月~5月中旬
営業時間:9:30~16:30
料金:大人2,000円

お陽様農園(田原市)

いちご狩りに合わせて野菜収穫体験もできる「お陽様農園」。

いちご狩りができる品種は「紅ほっぺ」か「かおりの」のどちらかとなっており、食べ頃のレーンに案内してもらえます。

 

練乳のおかわりは自由なので、いちごと練乳を何度も楽しむことができますね。

さらに、練乳以外にも1月上旬~3月下旬の平日には無料でチョコいちご体験を開催しているので、チョコフォンデュにして食べることもできます。

 

また、いちごだけでなく野菜の収穫を体験することができるプランもあることが特徴で、キャベツやにんじん、ブロッコリーなどの収穫が行えます。

この体験は特に子どもに人気で、普段スーパーに並んでいる野菜がどのように育っているのか見ることができる貴重な場となっています。

住所:愛知県田原市中山町論場234
電話番号:0531-37-1312
営業期間:12月上旬~5月下旬
営業時間:10:00~16:00
料金:大人1,500~2,000円(時期により変動)

※営業時間は電話受付などが可能な時間も含めております。いちご狩りが行える時間とは限りませんので電話にてご確認ください。
※紹介した農園はいずれもかなり混雑しやすい人気の農園なので、必ず電話予約の上で向かわれることをおすすめします。
※表示内容は2018年12月24日現在の内容であり、変動する場合があります。