渥美半島・伊良湖菜の花ガーデン2019!見頃やまつりイベントとは!?

irako-nanohana-garden

愛知県田原市・渥美半島の春の風物詩といえば、春の「菜の花」ですね。

渥美半島のいたる所で見られる黄色いじゅうたんを敷きつめたような菜の花の総数は1千万本にもなり、東海地方でも屈指の規模を誇っています。

 

菜の花の見頃を迎える時期には毎年「渥美半島菜の花まつり」が開催され、2019年は1月12(土)~3月31日(日)に開催が決定しています。

渥美半島全体で菜の花を見てもらうまつりですが、メイン会場となる「伊良湖菜の花ガーデン」は最も菜の花がきれいに見られるため、多くの人が詰めかけます。

 

本記事では、渥美半島菜の花まつりの伊良湖菜の花ガーデンの見頃や見所、アクセス方法、駐車場の混雑状況について紹介します。

菜の花の見頃時期

irako-nanohana-garden渥美半島全体の菜の花は1月上~中旬に開花を迎え、3月下旬頃まで咲き続けます。

そして、最盛期を迎える見頃時期は1月中旬~3月下旬となり、その期間にあわせて渥美半島全体で菜の花まつりが開催されます。

 

もちろん、伊良湖菜の花ガーデンもこの期間に開花の最盛期を迎えますので、大きな黄色のじゅうたんを敷いたような春の世界を体感することができます。

伊良湖菜の花ガーデンの見所

伊良湖菜の花ガーデンとは?

irako-nanohana-garden伊良湖菜の花ガーデンは、渥美半島の中で最もたくさんの菜の花をきれいに見ることができるスポットとなっています。

 

敷地面積約4ヘクタールの中に、約200万本の菜の花が咲き、菜の花以外にも芝生の滑り台や飲食販売、多くのイベントも開催されており、菜の花まつりの中で最も人が集まる人気の場所となっています。

irako-nanohana-garden入場料金は大人100円となっており、かなりお手軽に楽しむことができます。

入場時に菜の花基金として入れる形式となっています。

黄色の世界を歩こう

irako-nanohana-garden伊良湖菜の花ガーデンの見所といえば、菜の花の中に続く小道を歩く「菜の花の小道」です。

右も見ても、左を見ても一面に広がる黄色の世界は圧巻です。

 

風に揺れる黄色の菜の花を見ると、きっと春の世界を満喫できること間違いなしですよ。

写真映え!菜の花ブランコ

irako-nanohana-garden菜の花ガーデンの数ある写真スポットの中でも人気なのが「菜の花ブランコ」です。

ブランコの周囲をぐるっと取り囲む菜の花と一緒にブランコに座りながらきれいな写真を撮ることができます。

 

また、子ども向け(~4歳)に「てんとう虫」と「みつばち」の衣装も20分100円で貸し出しているので、着替えて撮るときっとかわいい写真になりますよ。

衣装貸し出しは2月2日~3月31日の土日祝限定となっています。

黄色のじゅうたんを高台から見渡そう

irako-nanohana-garden「なっちの丘」と呼ばれる丘は場内でも少し高台となっており、目下に広がる一面の菜の花を見渡すことができます。

遠くまで広がる菜の花はまさに黄色のじゅうたんを敷きつめたような風景です。

irako-nanohana-gardenそして、なっちの丘では滑り台を楽しむことができます。

芝生で作られた全長約15mの滑り台は、ソリを使って一気に滑ることができます。

 

かなりスピードが出るのでかなり爽快ですが、くれぐれもご注意を。

菜の花まつり開催期間中の9:00~16:00まで無料で楽しめます。

菜の花を眺めながらご飯も食べられる

irako-nanohana-gardenirako-nanohana-garden菜の花まつりの期間中には、飲食店の店頭販売も行われます。

人気の菜の花コロッケ(150円)をはじめ、菜の花おにぎり、菜の花豚汁、焼きそば、フランクフルト、菜の花ジェラート、菜の花シフォンケーキなど地元特産の田原ポークやフルーツ、そして菜の花をふんだんに使用したグルメがたくさん食べられます。

 

また、2月2日~3月31日の土日祝限定で出店される地元・渥美半島で獲れた大あさりを使った焼き貝はぜひ食べてもらいたいですね。

ベンチも多く設置されていますので、ゆっくり座って食べることができます。

海岸も楽しめる

irako-nanohana-gardenirako-nanohana-garden菜の花ガーデンは、海岸近くにありますので少し歩けば海岸に到着します。

岸辺に座って海を眺めながらご飯を食べたり、寝転がったり菜の花以外にもこんな楽しみ方もできますよ。

 

また、ガーデン内にはお花畑や河津桜も見ることができますので、菜の花以外にも見所が盛りだくさんですよ。

アクセス方法

irako-nanohana-garden伊良湖菜の花ガーデンは、渥美半島の中でも先端近くの海岸沿いにありますので、42号線を走っていると見つけることができます。

 

車で向かう場合は、「音羽蒲郡IC」を下りて約90分かかります。

公共交通機関で向かう場合は、「豊橋駅」を下車後、豊橋鉄道バス伊良湖本線「伊良湖ガーデンホテル前」バス停下車後徒歩数分です。

 

周囲にはいちご狩りスポットや新鮮な海の幸を食べることができるお店もいくつかありますよ。

駐車場の混雑状況

irako-nanohana-garden駐車場は無料となっており、約200台停めることができます。

平日は満車になる可能性は低いですが、土日祝日は時間帯によってはかなり混雑します。

 

特に11:00~13:00頃が混雑のピークとなっていますので、なるべく避けて向かわれることをおすすめします。

基本情報

irako-nanohana-garden住所:愛知県田原市堀切町浜薮
電話番号:0531-23-3516(代)
イベント開催期間:2019年1月12日~3月31日
主な開催時間:9:00~16:00
入場料:大人100(基金として)
駐車場:約200台(無料)

愛知県内で人気のその他の菜の花スポットはこちら↓

愛知県の菜の花畑名所3選!まつりや人気の桜とのコラボ時期も紹介

2019.02.19

※本記事は2019年2月現在の情報に基づきます。