名古屋城夏祭り2018!夜を盛り上げる屋台グルメやイベントとは

nagoya-jo-fes

毎年恒例の名古屋城で開催される夏祭り。

16時からビアガーデンや全国の地元グルメが楽しめる屋台が出店し、続々とイベントが開催されるなど夜の名古屋城を盛り上げるイベントとなっており、宵祭りとも言われますね。

 

2018年は8月4日(土)~15日(水)が会期となっています。

今回は名古屋城夏祭り2018年の夜を盛り上げる屋台やイベント内容などについて詳しく紹介します。

 

※2018年度の名古屋城夏祭りの詳細情報は7月下旬頃に名古屋城管理事務局から公開される予定です。そのため、現時点で分かっていることと、決定されていない部分は昨年の内容を記載しておりますことをご了承ください。

 名古屋城を眺めながらビアガーデン

nagoya-jo-fes名古屋城夏祭りの大きな楽しみ方の一つは何と言っても名古屋城をバックにビアガーデンが楽しめることですね。

名古屋城を眺めながらビールを楽しめる機会なんて中々ないので大きな目玉となっています。

 

キリン一番搾りビアガーデンは16時~20時半の間で西之丸に出店します。

このお店ではキンキンに冷えたビールはもちろん、ビールに合うおつまみとしてどて煮や手羽先、みそ串カツなど名古屋めしも取りそろえた10品を越えるフードメニューが食べられます。

フードメニュー一覧
どて煮:500円
おでん盛り合わせ(5種):600円
みそ串カツ(3本):600円
手羽先から揚げ(5本):600円
フライドポテト:400円
豚ねぎま(1本):400円
味噌とんちゃん:600円
冷やしきしめん:600円
枝豆:300円
ピリ辛キュウリ:300円
冷奴:300円nagoya-jo-fesビアガーデン会場や以下に紹介する屋台に隣接するように座って食べられるコーナーが設けられています。

座って食べられるのでゆっくりビールと美味しいグルメを堪能できますね。

 

ただし、座席はあまり多くないので席が足りなくなる可能性はかなり高いです。

確実に座るためには屋台開始前の16時には席の確保が必要そうです。

 

ただし、2018年4月に金シャチ横丁がオープンし、その中でも宗春ゾーンでは22:30まで営業していることや、それに伴い今年から期間限定のビアガーデン『名古屋城金シャチ海鮮市場BEER&BBQ』が2018年9月30日(日)まで営業しているため、上記に記載したようなビアガーデンはなくなる可能性があります。

詳細が決まりましたらその点も記載していきます。

全国のグルメが堪能できる屋台

nagoya-jo-fesnagoya-jo-fesビアガーデンと同じ会場・同時間で全国のグルメが楽しめる10店の屋台が出店されます。

徳川家康や黒田長政、伊達政宗など戦国時代の英雄達にゆかりのある地から人気の品々を取りそろえたグルメが食べられます。

どれもビールがすすむ品々となっており、ビアガーデンと合わせて楽しめます。

各屋台の主なメニュー
伊達政宗(宮城県):牛タン焼
上杉景勝(新潟県):新潟からあげ
井伊直政(静岡県):富士宮やきそば
池田輝政(岐阜県):飛騨牛串
徳川家康(愛知県):みそ串カツ
藤堂高虎(三重県):伊勢海老の丸焼き
石田三成(滋賀県):近江牛の串焼き
宇喜多秀家(兵庫県):焼小籠包
福島正則(広島県):広島お好み焼き
黒田長政(福岡県):博多もつ焼き

スイーツも楽しめる

nagoya-jo-fesビアガーデン・屋台と同じ会場・時間でスイーツも楽しめる屋台「SWEETS MAGIC」が出店されます。

 

このお店ではいちごやマンゴー、白桃のかき氷(800円)やソフトクリームにマカロンをふんだんにのせたインパクト大の「でら派手ソフト(600円)」などのスイーツが食べられます。

主なイベント会場と近いので休憩がてら食べたいお店となっていますね。

日替わりイベントが充実

nagoya-jo-fesnagoya-jo-fes記載内容は昨年のイベント内容ですが、イベント自体は2018年も開催されることは決定しており、特に昨年までは昼間は大きなイベントは開催されていませんでしたが、2018年は昼間も楽しめるよう大幅に変更となるとのことです。

 

西之丸広場と歩いて数分の二之丸広場などでは会場を盛り上げるイベントが会期中毎日開催されています。

日替わりで様々なイベントが開催されており、時間と場所を確認して向かいたいですね。

 

昨年は目玉イベントとなっているのは10日に開催される結成20周年を迎えた氣志團によるライブがあります。

当日アルバム「万謡集」を購入するとステージ前優先エリアで観覧できる特典がありますのでアルバム購入予定の方は当日まで我慢した方がお得ですね。

 

その他にも日によって様々なイベントが開催されます。

4日には世界コスプレサミット」が開催され、世界のコスプレイヤーが名古屋城に集結します。4~6日にかけて一般コスプレイヤーに向けた着替えスペースを設けられることとなっており、誰でも気軽にコスプレが楽しめます。

 

4・5日にはavexの若手アーティストによるステージや5・6・9・14日には名古屋のよしもと芸人によるお笑いライブなど数々のイベントが開催されます。

毎日開催のイベントも充実

nagoya-jo-fes日替わりイベントの他にも毎日開催されるイベントも数多くあります。

 

一番の目玉は18時~20時に開催される名古屋おもてなし武将隊や忍者隊、戦国姫隊と一緒に踊る「大盆踊り大会」でしょうか。

ライトアップされた名古屋城をバックにみんなで踊る盆踊りは夏の思い出になりそうですね。

盆踊りに関しては、毎年人気のイベントとなっており、名古屋城管理事務局は2018年も開催することを決定しています。

 

その他にもお祭りに欠かせない「縁日」や夏の夜をひんやりさせる「お化け屋敷」も開催されており、グルメ以外にも楽しめる夏祭りとなっています。お化け屋敷の入場料は大人500円、中学生以下300円。

ちなみに縁日とお化け屋敷は13時~20時半の間楽しめるので夜祭りが開催されるまではこちらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

名古屋城夏祭りの基本情報

nagoya-jo-fes住所:愛知県名古屋市中区本丸1-1
電話番号:052-231-1700
入場時間:9時~20時半(主な祭り開催時間は16時~20時半)
入場料:大人500円(浴衣など和装の方は400円)、中学生以下無料
駐車場:
正門前駐車場 8時45分~21時半開場(夏祭り中は22時まで)
西之丸東駐車場 8時半~16時半開場(夏祭り中は22時まで)
いずれも駐車料金は普通車 30分以内ごと180円

※表示内容は2017年8月4日現在のものであり、変動する場合があります。