名古屋港12月の花火大会2019|打上時間や穴場、駐車場の混雑状況とは!?

nagoyakou-christmas-hanabi

名古屋港水族館付近にて2019年12月21日(土)に開催される「ISOGAI花火劇場(名古屋港クリスマス花火大会2019)」。

クリスマスイブも間近に迫った名古屋の夜空をBGMに合せて美しい花火が彩ります。

 

この時期に見ることができる花火として高い人気を集めており、来場者数が約8万人が見込まれているなど冬季花火大会としては東海地区屈指の規模となります。

そのため、夏の花火大会までとはいきませんが、それでも会場周辺はかなり混雑しやすく、良い場所で見たい場合や駐車場を確保したい場合、人が少ない場所でゆっくりと見たい場合には事前にリサーチが必要になるかと思います。

 

そこで本記事では、名古屋港クリスマス花火大会2019の打ち上げ時間や穴場、混雑状況、おすすめの駐車場、そして屋台の出店状況などについて詳しく紹介していきます。

名古屋港クリスマス花火大会2019


日程:2019年12月21日(土)
打ち上げ時間:18:30~19:15(開場17:00)
打ち上げ会場:名古屋ガーデンふ頭
来場者数見込み:約8万人
雨天時:決行(小雨の場合)
*荒天の場合は22日へ順延

打ち上げ場所は、名古屋ガーデンふ頭沖合の海上に作業用の船を出して行われます。

そのため、上の地図内のピンの場所が最もきれいに見られるポイントとなります。

名古屋港クリスマス花火大会の見所

nagoyaminato-hanabi

名古屋港クリスマス花火大会の見所は、何と言っても約45分間の間に繰り広げられるドラマチックなBGM花火となっています。

本花火大会を手掛ける「磯谷煙火店」は、内閣総理大臣賞を2回受賞、隅田川花火大会コンクールにて3回優勝するなど素晴らしい実績をもつ地元・愛知県が誇る全国トップクラスの煙火店です。

 

音楽に合わせた演出が楽しめる「メロディー花火」やストーリー性のある美しい花火の数々が打ち上げられる「ドラマチックハナビ」、そして開場をあっと言わせるような見事なスターマインなどを見ることができます。

今年は5周年とあって、例年よりも打ち上げ数が増えるため昨年よりもさらにグレードアップした花火大会が見られそうですよ。

18:30 オープニング
19:15 フィナーレ
*詳細が分かり次第、紹介します

打ち上げ会場付近の混雑状況

打ち上げ会場、そしてホットドリンクや軽食を中心に販売する飲食ブースが出店されるガーデンふ頭は花火を最もきれいに見ることができるので人気となっていますが、多くの方が押し寄せる大混雑するポイントとなっています。

飲食ブースやトイレはかなり混み合いますので、席を確保している場合であっても17:30には到着しておかないと慌ただしくなりますので早めに到着しておくことをおすすめします。

交通規制・駐車場の混雑状況

会場周辺は歩行用道路を確保するために、港橋交差点より南付近は花火打ち上げ時間頃は交通規制がかかるため、車での進入および出庫は不可能となります。

また、夕方頃には会場周辺の駐車場はほぼ満車状態となるため、駐車するためにはなるべく早めに到着する必要があります。

 

開演時間に近い時間帯の場合は、地下鉄名港線またはあおなみ線の1~2駅離れた駅周辺の駐車場に駐車して電車で向かうというのもありですね。

車で向かう場合には、電車で向かうよりも早めの到着が必要となりそうです。

公共交通機関がおすすめ

混雑を避けるには、車よりも公共交通機関を利用することがおすすめです。

会場の最寄り駅は地下鉄名港線「名古屋港駅」となっており、徒歩3分で到着できます。

 

次は徒歩約10分の地下鉄名港線「築地口駅」、徒歩約30分のあおなみ線「稲永駅」となっています。

地下鉄名港線は行き帰りともに大混雑するので、17:00には会場入りするように余裕を持って向かいたいですね。

 

ただし、花火大会終了前後の時間帯は名港線は満車状態が続き、乗車することも困難になります。

少し歩いてでも多少はゆったり乗りたいという方は帰りはあおなみ線「稲永駅」を利用することをおすすめします。

人気&穴場スポット

それでは、名古屋港クリスマス花火大会の人気&穴場スポットを紹介します。

ワイワイにぎわいたい方、ゆっくり見たい方、混雑を避けて少しでも見られればいい方など色んな方に向けて紹介していきます。

ゆっくり見られる絶景スポット

①ガーデンふ頭3号岸壁(有料席)

席を事前に確保してゆっくり花火を楽しめる絶景スポット「ガーデンふ頭3号岸壁」。

このエリアは事前にチケットを購入した方のみが入れる有料エリアとなっており、席を確保する心配は不要となっています。

 

もちろん、打ち上げ場所のすぐ近くなのでBGMもしっかり聞こえ、きれいな花火を見ることができます。

有料席の販売は8月に開始されますが、あっという間に良い席はなくなり、9月中にはチケットがほぼ完売してしまうことが多いので、ゆっくりと見たい方は早めに購入することをおすすめします。

 

有料席の料金は1,500~10,000円と場所によって異なりますので、チケットの詳細は公式ホームページ「チケット席のご案内」を参考にしてください。

混雑必至!人気花火スポット

②つどいの広場

無料でみられるおすすめスポット「つどいの広場」。

つどいの広場は、先ほど紹介した有料エリア・ガーデンふ頭3号岸壁のすぐ後ろのエリアとなっており、BGMが聞こえますし、きれいな花火をみることも十分可能です。

 

ただし、無料で見られる中では最高のエリアということもあって、早くから席取りしている方が多いので場所取りが大変です。

真冬の港なのでかなり寒いですが、防寒グッズをしっかり持ってなるべく早く到着することをおすすめします。

③緑地広場(名古屋港水族館南側)


本会場から少し離れていることもあり、比較的混雑が少ない「緑地広場」。

つどいの広場と同じく芝生が広がってるため、シートを敷けば長時間座っていてもさほど苦痛がないので開催時間前から場所取りするにはおすすめのスポットとなっています。

 

ある程度BGMが聞こえますし、あまり目の前を遮るものがないのでおすすめのスポットとなっています。

上のつどいの広場と同じく無料で見られるおすすめエリアとあって、混雑することは必至となっています。

ゆっくり鑑賞できる穴場スポット

ここからはゆっくり鑑賞したい方向けに穴場スポットを紹介していきます。

ただし、名古屋港クリスマス花火大会はBGMと花火のコラボを楽しむミュージカル調の花火のため、下記の場所からは音楽が聞こえず感動が半減しますので、その点にはご注意ください。

④バナナふ頭エリア


花火が打ち上げられる名古屋ガーデンふ頭の対岸にあたる「バナナふ頭などを含む対岸エリア」。

バナナふ頭周辺では花火をきれいに見られ、会場ではないことから混雑が少ないので停車して車から見ることもできます。

 

ただし、工場地帯であることから年々車などでの侵入を禁止する規制が増えています。

もしかすると今年は例年以上に規制の対象となる可能性があり、立ち入れない可能性がありますのでご注意ください。

⑤中川運河周辺


中川運河の河口が花火を打ち上げる会場となっていることから、運河に沿って場所であれば花火を見ることができます。

運河沿いからは花火がどうしても小さく見えてしまいますが、人混みを避け、雰囲気だけ感じたい方にはおすすめです。

 

ちなみに運河沿いの道路に車を停車している方は数多くいますが、駐禁をとられている車が毎年続出しています。

少しの間でも警察の取り締まりの対象となりますので、交通ルールを守って遊びに出掛けてくださいね。

⑥中川橋


中川運河の中でも最も大きくてきれいな花火が見られる「中川橋」

中川橋は目の前を遮る建物が少なく、またシートレインランドの大観覧車も合せて観賞することができるので写真を撮ったりするには人気の高いスポットとなっています。

 

打ち上げ直前に到着してもまばらにはゆっくり見ることができるスペースもありますので、早く到着するのが嫌な方にはおすすめの場所となっています。

中川橋であれば、あおなみ線「稲永駅」から徒歩10分くらいでアクセス可能なので地下鉄名港線を利用するよりも電車内の混雑は避けることができます。

⑦イオンモール名古屋みなと店

花火は少し小さいですが、比較的混雑が少なく高台から花火を眺めることができる穴場スポット「イオンモール名古屋みなと店」。

もちろん勝手に占拠して見るわけではなく、公式にイオンみなと店が場所を提供してくれています。

 

7月に開催されている「名古屋みなと花火祭り」の時のように屋上広場に屋台が出店されるということはありませんが、周りの方の迷惑にならなければ屋上で花火を見るのはOKとされています。

花火大会が開演する直前まで屋内にいることが可能なので、12月の寒空の下で長い時間待たなくてもよいというのが最大のメリットとなっています。

※上記、店舗担当者に確認しております。

⑧カインズ名古屋みなと店


イオンみなと店と同様に屋上から花火を見ることを許可されている「カインズ名古屋みなと店」。

イオンみなと店よりも花火の打ち上げ会場に近いため、大きな花火が楽しめますが、その分やや混雑はしやすいですね。

 

人の多さによっては屋上への入場を規制する場合があるとのことですので、あまりにも人が多い場合には入場ができない可能性がありますのでご注意ください。

※上記、店舗担当者に確認しております。

忘れないで!必須の防寒グッズ

会場は真冬の港となっており、数分座っているだけでもかなり底冷えしてきます。

そのため、防寒グッズを忘れると寒くて花火どころじゃなくなりますので、これだけは持っていって欲しいグッズたちを簡単に紹介していきます。

重要!防寒グッズ8選
・ダウンジャケット
・マフラー
・耳当て
・手袋
・カイロ
・ホットドリンク
・厚めの敷物 or 座布団
・膝かけ

以上、名古屋港クリスマス花火大会について紹介しました。

ぜひ、名古屋の冬の夜空を彩る美しい花火を見に行って、素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。