1300台の駐車場が埋まる人気恐竜公園!大高緑地公園13の魅力

oodakaryokuchi-kyouryuusuberidai

大高緑地公園は子ども達が遊べる大型複合遊具や季節の花木を眺めながらゆっくりお弁当を食べられる広場、ゴーカートやボートに乗ることができるなど、100ha以上の広大な敷地内には大小約30種類の公園や施設があります。

最近では、動く実物大の恐竜に会えるディノアドベンチャーも併設され、子どもから大人まで一日遊べる人気の公園となっています。そんな大高緑地公園の魅力13ポイントを各施設の最寄り駐車場と合わせて紹介します。

 

園内は広すぎるため、遠くの駐車場に停めると歩いて目的地に行くのはかなり大変なのでしっかりチェックしてくださいね。ちなみに駐車場はすべて無料です。 

子どもが大満足できる遊具が充実

園内には年齢に合わせて遊べる遊具が多数そろっています。その中でもおすすめの「恐竜広場」と「ロングスライダーの広場」を紹介します。

恐竜広場

oodakaryokuchi-park大高緑地公園の代名詞ともいえる遊具「恐竜滑り台」があります。大きな恐竜のしっぽを滑る珍しい滑り台で、男の子には滑り台の上から近くを通る新幹線を見ることもできるため大人気です。

 

また、くるくる周りながら滑る滑り台など様々な種類の遊具が合体した大型複合遊具から23歳を対象にした遊具まで幅広く設置されています。広い大高緑地内でも子どもたちの屈指の人気を誇るスポットとなっています。 

(最寄り駐車場:第6駐車場) 

ロングスライダーの広場

oodakaryokuchi-suberidai恐竜広場と同等の人気の遊具が置かれているのは、琵琶ヶ池と若草山の間にある広場です。

この広場には、若草山の高さを活かしたロングスライダーがあります。頂上から中継地点を挟んで計2本で構成されており、合わせると全長は4050m程度の滑り台となっています。

1本目はポリエチレン、2本目はローラーでできており、違う感覚で滑ることができます。大人と一緒に滑ることも可能なので、小さな子でも一緒に楽しめます。

 

この広場にも小さな子用の遊具が多数あるため、年齢問わず遊ぶことができます。

(最寄り駐車場:第19駐車場) 

自然を活かしたスリリングな芝生斜面がある

oodakaryokuchi-wakakusayamaロングスライダーよりも迫力が欲しい方には若草山の「芝生公園」がおすすめです。

芝生公園には、若草山の急斜面を活かした自然の滑り台があります。全長3040m程度あり、特に頂上付近は急斜面のため相当スリリングです。

 

こちらはロングスライダーに比べると人が少ないので、自由に滑れる穴場となっています。ソリやダンボールを忘れずに持って行ってくださいね。 

(最寄り駐車場:第19駐車場)

ディノアドベンチャー

oodakaryokuchi-dinoadventure20167月にオープンしたばかりの動く実物大の恐竜に会える「ディノアドベンチャー」。12種類もの恐竜が点在する約600mのコースを歩いて周る新型アトラクションです。

人感センサーで人が近づくと口や手足を動かしながら吠えたり、歩いて近づいてきたりとかなりリアルでまるで恐竜時代にタイムスリップしたかのようです。

 

施設内はアスファルトで舗装されているため、大高緑地公園内同様にベビーカーを押して歩くことは可能ですが、急な坂もあるため恐竜に見とれすぎないよう注意が必要です。

今後、カートに乗って施設内を周れるようになったり、恐竜がさらに増える予定があるようですが、時期や詳細は不明なため、まだまだ目が離せません。 

(最寄り駐車場:第78駐車場)

ゴーカートに乗れる

oodakaryokuti-gocart「交通公園」にてゴーカートに乗ることができます。1人乗りは100円、2人乗りは150円とかなりお値打ちです。

よくある平地型のサーキットタイプではなく、小山の特性を活かした上り下りが体験でき、本格的なゴーカートとなっています。

 (最寄り駐車場:第345駐車場) 

パターゴルフが楽しめる

oodakaryokuti-gocart「ベビーゴルフ場」にてパターゴルフが行えます。9もしくは18ホールが選択でき、平坦なコースからカーブや斜面のきついコースまでと難易度が変わるため、子どもだけでなく大人も盛り上がれます。

 コースの幅は大きくはなく、周りを縁石でふちどってあるので初心者でも安心して遊べる作りとなっています。

 (最寄り駐車場:第2駐車場)

夏にはプールで遊べる

oodakaryokuti-pool大小2つのプールがあり、小さな滑り台も設置されています。大型の滑り台はありませんが、小学生以下なら200円で一日中プール遊びを堪能できるのは魅力です。

近くの駐車場はすぐに満車となりやすく、真夏に遠くの駐車場から歩くことになる可能性がかなり高いため、早めにお出かけすることをおすすめします。

(最寄り駐車場:第37駐車場) 

自然の中でのんびりできる

oodakaryokuti大高緑地公園内には「芝生広場」が2ヶ所あり、いずれも木々に囲まれた大きな芝生が広がっています。そのため、お弁当を食べれたり、キャッチボールやバトミントンなどが広々行えます。

芝生公園は遊具が設置されていないため、人が少なめですので開放感の中でゆったりした時間を過ごすことができます。

また、春には周囲が桜に囲まれるため、特に春に人気のお花見エリアとなっています。 

(最寄り駐車場:東側芝生公園は第6駐車場、中央芝生公園は第17駐車場)

雨も気にせず手ぶらでバーベキューが可能

oodakaryokuchi-barbequeoodakaryokuchi-barbeque屋外で開放的に、そして雨の日には屋根付きでバーベキューが行える炉(屋外12基、屋内8基)が用意されていますので、食材と網などを持っていくだけで楽しめます。

屋内外ともに炉の使用は予約が必要で、特に屋根付きは人気なので、早めにおさえておきましょう。

 

予約できなかった方でもバーベキューエリアであれば、無料で開放されていますのでコンロを持参すれば行えます。

炭捨て場や洗い場が用意されているので、片付けも楽に行えるお気軽バーベキュースポットです。 

(最寄り駐車場:第11駐車場)

季節の花木を堪能

oodakaryokuchi-chikurin大高緑地公園内には、「さくらの園」、「梅林園」、「花木園」、「和風庭園」、「竹林散策路」、「つつじの道」が作られており、多数の梅や桜、あじさいに紅葉などが植えられていることから季節ごとに花木の美しさを眺めることができます。

 

中でも「竹林散策路」は、第1回名古屋まちなみデザイン20選に選出されていたり、4月の毎週土曜日にはたけのこ狩りが無料で行えることから隠れた名所となっています。

たけのこ狩りは大勢の人が押し寄せますので、開園と同時に向かわないとあまり収穫できない可能性が高いです。早めに出発しましょう。

(最寄り駐車場:竹林散策路は第68駐車場) 

愛犬を思いっきり遊ばせられる

oodakaryokuchi-dogrun「ドックラン」が無料開放されています。大小2つの広々したドックランが用意されているので、愛犬の大きさに合わせて思いっきり遊ばせてあげることができます。

中には水飲み場やトイレマーカーが設置されている他、予防注射の有無を確認しているので安心して愛犬と過ごせる県内でも貴重なドックランといえます。

(最寄り駐車場:第7駐車場) 

琵琶ヶ池でボートに乗れる

oodakaryokuchi-boat広大な大高緑地内には琵琶ヶ池があり、足漕ぎ用と手漕ぎ用のボートに乗ることもできます。春から夏は青々した木々、秋は真っ赤に染まる紅葉を水面から眺め、ゆっくりした休日を過ごすのはいかがでしょうか。

(最寄り駐車場:第19駐車場)

スポーツ施設が充実

oodakaryokuchi-tenniscoatテニスコート14面に野球場3面とスポーツ施設が充実しています。

ジョギング・ウォーキングコースは竹林の中や池の周囲約4kmと長く、自然豊かな環境の中で行えます。起伏に富んだコースであることから練習には最適です。

売店で気軽に軽食が買える

これほど様々な遊具や施設がそろっていますので、1日遊びたい方は売店で軽食を買うのもおすすめです。

大高緑地公園内には軽食が買える売店が3ヶ所あり、たこ焼きやラーメン、ソフトクリームなどを買うことができます。 

基本情報

住所:愛知県名古屋市緑区大高町字高山1-1
電話番号:052-622-2281
営業時間:各施設の営業時間は異なりますので公式ホームページを参照してください
定休日:有料施設は毎週月曜日(祝日・祝日代休日の場合は翌日)、年末年始は休み
駐車場(無料):7:0019:00(第6駐車場は8:301900