名古屋・愛知県は観覧車の数が全国1位|人気の観覧車とは!?

aichi-ferris-wheel

名古屋市・愛知県内には13基もの観覧車があり、その数は全国No.1となっています。

その中にはロマンチックな街並みが眺められたり、一面が透明でドキドキしながら乗れる所もあるなど様々な観覧車があります。

 

また、観覧車に乗れるだけでなく、観覧車周辺には遊べるエリアが多いのも特徴となっています。

そこで本記事では、愛知県内にある観覧車、さらに観覧車だけでなく周辺のエリアも楽しめる人気スポットを紹介します。

スポンサーリンク

①サンシャインサカエ(名古屋栄)

aichi-ferris-wheel

栄のシンボルともなっている観覧車がある「サンシャインサカエ」。

サンシャインサカエの観覧車「Sky-Boat(スカイボート)」は、1人500円で乗ることができ、日中だけでなく夜遅くまで営業していることから栄の夜景も楽しむことができます。

 

そして、天井はもちろん背中までスケルトンになっているシースルーボディとなっているため、ドキドキしながら乗れると人気の観覧車となっています。

サンシャインサカエの周辺には買い物や食事が楽しめるお店も多いため、観覧車以外にも楽しめるスポットとなっていますね。

サンシャインサカエ
営業時間:平日12:00~22:00/土曜11:00~23:00/日祝11:00~22:00
料金:500円(5歳以下無料)
ゴンドラ数:28台
直径:40m

②名古屋栄 三越百貨店(名古屋栄)

日本最古の観覧車がある「名古屋栄 三越百貨店」。

さほど知られていませんが、名古屋栄 三越百貨店の屋上には、1956年に設置された国内で最も古い観覧車があります。

 

残念ながら、2005年に営業は終了しているため、実際に乗ることはできませんが、日曜日と祝日の正午・15時にはそれぞれ2回転する姿を見ることができます。

三越に立ち寄った際は、ぜひ屋上に見にいってみてはいかがでしょうか。

名古屋栄 三越百貨店
営業時間:-
料金:-
ゴンドラ数:9台
直径:10m

スポンサーリンク

③名古屋港 シートレインランド(名古屋港区)

aichi-ferris-wheel aichi-ferris-wheel

名古屋市港区にある遊園地「シートレインランド」。

シートレインランドには、大型の観覧車があり、高さ85mと東海地区の中でも最大級の大きさとなる観覧車となっており、夏と冬に開催される花火大会ではきれいな共演も楽しめます。

 

園内にはメリーゴーランドやコースターなど観覧車を含む全16種類のアトラクションを楽しむことができます。

また、隣には名古屋港水族館があり、観覧車だけでなく水族館も楽しめるスポットとなっています。

名古屋港 シートレインランド
営業時間:日によって変動
料金:700円(2歳以下無料)
ゴンドラ数:48台
直径:82.5m

名古屋港水族館の人気の生き物はこちら↓

名古屋港水族館の人気生き物10選|知らなきゃ損する見所とは!?

2019.12.26

 

名古屋港水族館の駐車場情報はこちら↓

名古屋港水族館の駐車場案内|料金が安いおすすめBEST3&混雑時間

2017.08.13

④東山動植物園(名古屋千種区)

aichi-ferris-wheel

動物園と合せて観覧車が楽しめる「東山動植物園」。

東山動植物園には遊園地エリアが併設されており、カラフルな観覧車に乗って動物園を上から眺めることができます。

 

その他にも遊園地にはジェットコースターやメリーゴーランドなど16種類のアトラクションをお手軽価格で楽しむことができますよ。

また、東海地区最大規模を誇る東山動植物園では、500種類以上もの動物を見たり、春には桜・秋には紅葉など季節の花々を眺めることができる植物園があり、1日かけて遊べるスポットとなっています。

東山動植物園
営業時間:9:00~16:50
料金:360円(入園料は別途必要)
ゴンドラ数:20台
直径:32m

東山動植物園の人気の動物はこちら↓

東山動植物園の人気動物ランキングBEST10が発表!1位は誰!?

2017.05.15

 

東山動植物園の駐車場の情報はこちら↓

東山動植物園の駐車場料金や混雑時間は?無料のおすすめ穴場まで紹介

2018.12.04

スポンサーリンク

⑤モリコロパーク(長久手市)

aichi-ferris-wheel

長久手市にある大きな公園「愛・地球博公園(モリコロパーク)」。

遠くから見ても分かるほど大きなモリコロパークの観覧車は高さが88mもあり、市内はもちろん岐阜の山々など壮大な景色を楽しむことができます。

 

また、モリコロパークは、アスレチック広場や芝生広場、水遊び場、スケートリンクなどの施設があり、子どもから大人まで楽しめ公園となっています。

週末には大きなイベントも開催されることもあり、多くの人が訪れるスポットとしても人気ですね。

モリコロパーク
営業時間:平日10:00~17:00/土日祝日、GW、春・夏・冬休み9:00~17:00
料金:600円
ゴンドラ数:48台
直径:80m

モリコロパーク全体の詳細はこちら↓

モリコロパーク(愛・地球博記念公園)|人気エリア【まとめ】

2020.04.11

⑥刈谷ハイウェイオアシス(刈谷市)

aichi-ferris-wheel aichi-ferris-wheel

高速道路・伊勢湾岸自動車道にある人気のサービスエリア「刈谷ハイウェイオアシス」。

刈谷ハイウェイオアシスには、夜になると七色に光るきれいな観覧車があります。

 

その高さは60mとなっており、クーラー・ヒートシート完備のゴンドラに乗って快適に遠くに連なる山々などきれいな風景を楽しむことができます。

高速道路からも一般道からも利用することができ、お手頃価格でメリーゴーランドなどにも乗ることができると週末には約1600台もの駐車場が埋まってしまうほど人気のスポットとなっています。

刈谷ハイウェイオアシス
営業時間:10:00~22:00
料金:600円(2歳以下無料)
ゴンドラ数:36台
直径:53m

刈谷ハイウェイオアシスについてはこちら↓

来場者1億人!刈谷ハイウェイオアシスが人気な理由10

2017.04.13

 

イルミネーションについてはこちら↓

刈谷ハイウェイオアシスのイルミ2019|期間や時間、混雑状況とは!?

2017.10.10

スポンサーリンク

⑦南知多ビーチランド(知多郡)

aichi-ferris-wheel

知多半島にある水族館として知名度が高い「南知多ビーチランド」。

南知多ビーチランドには16種類のアトラクションが楽しめる遊園地が併設されており、そこには高さ40mの大きな観覧車もあります。

 

観覧車は知多半島や太平洋を一望でき、さらにタイミングが合えばイルカショーやアシカショーを上から眺めることもできます。

南知多ビーチランドは、実際に生き物に触れるイベントも多く企画されるなど人気の水族館となっていますので、ぜひ合せて足を運びたいスポットとなっています。

南知多ビーチランド
営業時間:3~10月9:30~17:00/11月9:30~16:30/12~2月10:00~16:00
料金:400円(入園料は別途必要)
ゴンドラ数:18台
直径:40m

愛知県内のその他の観覧車

その他にも、愛知県内には様々な観覧車がありますので、一覧で紹介します。

⑧日本モンキーパーク(犬山市)
⑨ラグーナ蒲郡(蒲郡市)
⑩豊橋総合動物公園(豊橋市)
⑪堀内公園(安城市)
⑫明石公園(碧南市)
⑬岡崎市南公園(岡崎市)

以上、愛知県内にある13基の観覧車について紹介しました。

ぜひ、お気に入りの観覧車を探しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク